会社概要

短期的な利益ではなく、長年守られてきた価値観を重視

About us

会社紹介

Collinsonは家族経営のグローバル企業です

個人所有という形態により、私たちにとって重要な価値観を大切にすることができ、その価値観が当社のあらゆる事業の原動力となっています。それが、長期的な投資と意思決定を行いながら、俊敏性のある誠実な行動をすることにつながっています。当社は、これらの価値観をもとに、革新を続け、より良い顧客エクスペリエンスの提供を実現しています。

Collobaration

相互協力

チームや従業員一人ひとりの成長をサポートします
Creativity

創造性

状況に応じて柔軟なアプローチを行います
Consideration

熟慮を重ねた判断

良い結果を生み出すために倫理的な決断を下しています

当社のあゆみ

マイルストーン

Collinsonの歴史の始まりは30年以上前、会長のコリン・エバンスがIAPAの社長を務めていた時代にまで遡ります。1963年に設立されたIAPAは、旅行関連サービスを提供する世界的な企業で、コリンは1985年に同社のオーナーになりました。

新プロダクトや革新的なサービスの開発により、現在のCollinsonの事業基盤が形づくられ始めました。基盤を固めたCollinsonは、老舗企業の買収によってさらに事業を強化。サービスの幅を拡大しました。

1985年

コリン・エバンスがIAPAの社長に就任

IAPA(International Airline Passengers Association)は、すべての旅行者に、旅行保険、座席プラン、その他プランニングツールを提供。 

1987年

ICLPが創業

フリークエント・トラベラーであったコリンは、一歩進んだ顧客エクスペリエンスを提供する事業に可能性を見いだし、世界初のロイヤルティエージェンシーとしてICLPが誕生。

1989年

レジャー旅行者にもラウンジアクセスを提供

プレミアムクラス専用ラウンジのメリットに気づいたコリンは、IAPA会員にラウンジ利用特典を提供することで、出張以外でフライトを利用する旅行者にもラウンジを利用できる機会を作る。 
同年、アムステルダム、ローマ、ベルリンにラウンジがオープン。 

その後、これが 世界 初の独立系ラウンジプログラム、プライオリティ・パスへと発展。

1990年

ICLPがダラス事務所を開設

これ以降、世界各地に現地事務所を次々と開設

  • 1994年 - ドバイ
  • 1995年 - シンガポール
  • 1995年 - 香港
  • 1999年 - シドニー
  • 2000年 - サンフランシスコ
  • 2004年 - 上海
  • 2004年 - ムンバイ
  • 2008年 - ケープタウン
  • 2014年 - 北京

1991年

Collinson Groupが設立

CollinsonがICLPの親会社となる。 

1992年

プライオリティ・パスの提供開始

ICLP会員を対象とした空港ラウンジ利用特典の提供が成功したこと、さらに利用者から確かな手応えがあったことを受け、Collinsonを親会社に独立系のラウンジ利用プログラム、プライオリティ・パスの提供を開始。
詳しくはこちら

1994年

サウディアと新しいパートナーシップを結ぶ

ドバイに初事務所を開設し、同年サウディアと契約を締結。同社との提携関係は現在も継続中。
Saudia

1995年

キャセイパシフィック航空と提携

香港新事務所の開設を機に、キャセイパシフィック航空と新たなパートナーシップを結ぶ。同社との提携関係は現在も継続中。
Cathay Pacific

1996年

Columbus Directがグループ傘下に入る

Columbus Directブランドの旅行保険などを持つ引受会社であるPTI(Professional Travel Insurance Company)Ltd買収
詳細をみる

2008年

The Affiliate Gatewayを創業

英国でThe Affiliate Gateway(TAG)の提供を開始。2011年にはアジアに進出。 TAGは初めてのグローバルなアフィリエイトネットワーク事業の1つであり、現在も当社のコマース事業の主要な基盤となっている。

2010年

Collinson Insurance Brokers Ltdを開業

Collinsonが、ロイズの国際保険および再保険契約仲介業者に。 この事業分野を率いるため、デビッド・エバンス招かれました。

2011年

Loyalty Lifetime Achievement Mega Awardを受賞

マイアミで開催された2011 Travel Mega Awardsで、コリン・エバンスの25年間におよぶイノベーションと実績が評価される。

2012年

グループに援助サービス事業を追加

緊急医療アシスタンスサービスを提供するOne Assistを買収。当グループ初のアシスタンスサービス事業となる

2014年

Aria Assistance、Welcome Real-Timeの2社を買収

Aria Assistance(正式名称:Europ Assistance UK and Irespoland)を買収し、援助サービス事業を大幅に強化。

Welcome Real-Timeは、銀行や小売業のシステムと連携することで、世界中の1億人以上の消費者へのリーチを可能にする、高い評価を受けたテクノロジーを提供します。

2020年

セーブ・ザ・チルドレンと国際的なパートナーシップを結ぶ

セーブ・ザ・チルドレンと3年間のパートナーシップを結び、児童緊急基金への募金に加えて、一部の従業員が同団体の実施するMigrant Youth Development Projectのメンターとして登録。
Save the Children

2016年

慈善団体と新たなパートナーシップを結ぶ

Royal FoundationおよびCoach Coreと提携。 

Royal Foundationは、ケンブリッジ公爵夫妻が代表を務め、心の健康から自然保護まで多彩な分野で活動する慈善団体です。 

Coach Coreは、就職や就学をしていない16歳〜24歳の若者を対象とした研修制度で、スポーツやその関連活動に求められる技術の習得を支援します。 
詳しくはこちら

2017年

Collinson Group、収益5億ポンド(GBP)を達成

当社史上初めて、財務上の大きな節目を達成。

2018年

Collinson Investmentsを設立

旅行に重点を置きながら、イノベーションを加速させ、顧客エクスペリエンスを向上させることを目指すの事業部門により、世界中のスタートアップ企業との連携やこれらの企業への投資が可能に。 

初めに投資をした企業一つは、スマートフォンを介して空港のレストラン、小売店、各種サービスと旅行者とを結びつけるオープンプラットフォームを開発するGrab

2019年

Collinson Group、収益10億ポンド(GBP)を達成

実績で、たな財政的節目に到達

2019年

Inflyterに投資

空港エクスペリエンスの新しい形を提案するための取り組みにおける強化の一環として、空港でのデジタルショッピングと免税品注文プラットフォームのリーディングカンパニーであるInflyterに投資。

Grabとの関係強化に加えて、この最新の投資には、若い企業の素晴らしい才能を十二分に生かし、一貫性のある旅行体験を作り出すという当社の継続的なビジョンの実現を後押しするという意味があります。

2020年

Valuedynamxを発表

決済、商取引、ロイヤルティの融合を重点項目とする事業体を立ち上げ、当社の規模を生かし、複雑な分野への投資を継続。

Valuedynamxは、安全で統合された商取引エコシステムへのニーズの高まりに応えるために設立されました。このエコシステムにより、スムーズでパーソナライズされた獲得&交換体験が可能になります。

2020年

『サンデー・タイムズ』紙のトップ100入り

Collinsonが『サンデー・タイムズ』紙の「Top Track 100」および「Profit Track 100」にランク入り。この2つのランキングは、英国の民間企業を対象にした売り上げが急成長している企業のカテゴリーと利益が急成長している企業のカテゴリー。
Top Track 100

2020年

セーブ・ザ・チルドレンと国際的なパートナーシップを結ぶ

セーブ・ザ・チルドレンと3年間のパートナーシップを結び、児童緊急基金への募金に加えて、一部の従業員が同団体の実施するMigrant Youth Development Projectのメンターとして登録。
Save the Children

Collinsonのご紹介

Our Leadership
Globe Pin

役員紹介

当社の役員をご紹介します。

Carosel
Globe Pin

社会貢献

当社が事業活動を行う地域社会と環境の向上に取り組んでいます。

Careers
Globe Pin

採用情報

異彩を放つ人材を求めています。